2019年06月02日

心臓病患者として。

先天性心疾患三尖弁閉鎖症で生まれて。

今日は、愛知心臓病の子どもを守る会の講演会を聞いてきました。ご存知の方も多いとは思いますが、私は生まれつき心臓の弁が1つない病気として生まれました。
もちろんその後も、何も隠すこともなく生活して来ましたが、大人になるにつれて、若い頃とは明らかに違う体力と、失われていく健康と戦いながら舞台に立たせていただいています。

健常の方でも年を重ねれば、今までできていたことが少しずつできなくなり、衰えを感じるものだと思います。でも、我々心臓病患者にとっては、加齢により多くのリスクを抱え、僕の場合、今の年齢より2倍の年齢の体力だと思ってくださいと、医師から言われました。つまり、76歳の体力だそうです。

僕が生まれた頃は、心臓病で生まれた子の多くは助からず、諦めしかなかったことが、今は心臓病で生まれて来た子の95%が成人になれるそうです。現に僕も、90%助からないと宣告されていたようで、僕の病気で大成功を遂げたのは、中京地区で2例目。成人を迎えれたのは僕だけの、たった1人だと、母親に聞かされて育って来ました。

本当に医療の発達こそが、根治とはならないものの、心臓病で生まれてきた子の希望になって来たのです。

僕はいつ頃から自分の病気と立ち向かおうと思ったのか?
考えたら、歩き始めた4歳の頃だったと思う。「僕も歩けるようになりたい」「幼稚園でみんなと一緒に走りたい」その時すでに、戦おう!と、決心したんだ思います。

現在、先天性心臓病患者が成人となって生存しているのが、全国に50万人もいるそうで、軽く豊田市民の数を越えているのです。
そんな、僕を含む成人となった患者たちが、今後、病気に向かって気を付けることや、やるべきことは?

@本人が不整脈、心不全の予防をすること
A自己管理をすること
B治療方法を選ぶこと
C社会の中で自立すること
「心臓病を持つ子ども自らが、自分の病気を知り、病気と共に生きる覚悟を持って、自らの人生を自分の選択で創ることができること」

そして。

「複雑先天性心疾患患者も、社会参加できることを、社会一般に広く知らせること」

これは僕にできることだと思いました。
日々、舞台で暴れて皆さんに笑いを提供しながら、社会のお役に立ち、病気持ちの僕でも色々できるんだよ♪
というところを、今後はアピールできたらと思います。
だからと言って、同情の眼差しではなく、時に厳しく、社会の厳しさや辛さを、今後も皆さんに教えてもらいたいと思っています。

生きてて良かった!
病気に打ち勝つぞ!
楽しい生き方をするぞ!

そう思える日々にしたいからね♪(*^^*)

長文失礼しました。
読んでいただき、ありがとうございます(^^)/
posted by 笑劇派 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)

2017年09月01日

人権集会 かりやすい 楽しく学ぶ

笑劇派では、人権週間で開催する人権に関する劇のご依頼をお待ちしております。

12月には人権週間があります。
学校で開催する人権集会に、笑劇派の劇を是非観ていただきたいです。

実績としまして、法務省が市や町の学校へ委託し、人権集会を各学校や自治体で開催していますが、過去に何度もお招きいただいております。

人権ってなんだろう?
みんなちがって、みんないいよね♪

そんな堅いテーマでも、笑いを交えて、楽しく、記憶に残る劇を上演いたします。ご依頼は下記まで、お待ちしております。

0565-77-5734
皆様の笑顔にお会いできますことを、楽しみにしています。
posted by 笑劇派 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)

2017年04月10日

法人化のお知らせ

日頃より、あたたかいご声援ならびにご支援、誠にありがとうございます。

劇団・笑劇派は、4月5日をもちまして、株式会社へと移行し、法人格のもった劇団へと生まれ変わりましたので、こに改めてご報告申し上げます。

法人化の経緯といたしましては、旗揚げより19年が経ち、おかげさまで学校公演や地域自治体での公演、各市町村主催のイベントや行事におきまして、多数の公演を重ねて参りました。

これまで個人事業として運営して来ましたが、新たな決意を持って社会に貢献し、多くの方々に笑いと感動をお届けしたいと強く思い、今回の法人化へとなりました。

法人名は「サウスフラットショウタイム株式会社」と、少々長くややこしい名前ではありますが、勝手ながら劇団が本拠地を置くトヨタ自動車様にあやかって、同じ字画数の会社名をつけました。
数ヵ月考え込み、やっと考えついたネイミングですが、皆様が呼ぶ呼称は、これまで通り「笑劇派」で結構でございます。


今後と、「笑劇派」という名前を覚えていただけるように運営して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

より多くの皆様方の前で上演できますことを祈っております。
今後とも、劇団・笑劇派ならびに、サウスフラットショウタイム株式会社を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by 笑劇派 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)

2017年03月10日

三月 四月 五月 イベント 出張公演 大募集

かねてからご報告しておりました通り、笑劇派は事務所を移転しました。

また、これまでの運営形態と劇団名称が若干変わりましたのでお知らせ致します。

旧運営形態(3月末まで)
・代表 南平による個人事業
・お笑い劇団 笑劇派

新運営形態(4月5日より)
・サウスフラットショウタイム(株)
 代表の南平がそのまま、代表取締役へ
・劇団 笑劇派

以上となります。
今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

さて、劇団笑劇派では、春に向けて出演依頼を大募集しています。
学校公演、自治体での公演、イベント会場での公演。私たちは、盛り上げるイベント司会も承っております。

防犯や交通安全、振り込め詐欺撃退に防災、食育。ありとあらゆるテーマを取り揃えて、お客様のご要望にお答えし、「笑劇」を上演いたします。

とりあえずのお問い合わせだけでも結構です。

皆様を笑顔に!
笑いと感動をお届けする笑劇派に、おまかせください。
posted by 笑劇派 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)

2017年02月01日

名古屋市 交通安全 啓発 出張公演

今年に入って、名古屋市内の交通事故が大変増えているそうです。被害者にも、加害者にもならないように、毎日のちょっとしたことに気を付けていただきたいと思います。

ある地域の交通安全協会の方のお話ですと、実は交通事故というは、自宅を出たあとや、自宅に帰る直前で起きていることが多いそうです。

笑劇派は交通安全で特に気を付けてもらいたいことを、自治体としっかり話し合い、台本から制作します。

交通安全推進協議会からのご依頼で、小学校や幼稚園などの公演実績が多数ございます。

各市町村で開催される、交通安全市民大会や決起集会などの実績も多数あります。

皆さまが安心安全な毎日を過ごしていただくことが、私たちの願いです!

交通安全笑劇の依頼は、劇団・笑劇派まで。
0565-34-1383までお問い合わせください。

※劇団・笑劇派からのお知らせ。
3月1日付で、事業拡大に伴い事務所を移転します。新事務所の住所、電話番号等は、後日公表いたします。

また、4月には法人化する計画をしております。劇団・笑劇派の事業名は変わりませんが、会社名を新たに設けることになります。

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
posted by 笑劇派 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)