2018年04月23日

人権 いじめ 講話 講師 小学校 たのしく 学ぶ 愛知県 豊田市 笑劇派 あかね

10989311_861567980600467_333821669007087313_o.jpg
人権。
大人でも難しい問題を、こどもたちに理解してもらうことはなかなか大変です。

でもはたと、こどもたちを見たとき、こどもたちには差別はありません。
どんな子も仲良く遊べます。初対面でも『◯◯見てる?』とすぐ話しかけられる姿は大人も見習わなければなりません。

昨今、こどもたちの暮らす環境は親の経済的な理由や生まれで左右されている気がします。

そんななか、もう一度 人権についてこどもたちと考えませんか?

親の主観や考え抜きでこどもたちに本当の人間として生きる素晴らしさと、生きる自信をもってほしい!
笑劇派はそう考えます。


人権笑劇はこども役 四人が登場人物です。こどもだけで、こどもの視点で人権を考えます。

この作品は人権擁護委員さんや法務省が選んだ学校の特別公演でも大変ご好評いただいた作品です。

ぜひ、たくさんの小学生にお届けしたいそんな作品ですきらきら

人権笑劇のご依頼は
0565(77)5734
nanpei@showgekiha.com
posted by 笑劇派 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 美麻あかね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183063509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック