2019年06月02日

心臓病患者として。

先天性心疾患三尖弁閉鎖症で生まれて。

今日は、愛知心臓病の子どもを守る会の講演会を聞いてきました。ご存知の方も多いとは思いますが、私は生まれつき心臓の弁が1つない病気として生まれました。
もちろんその後も、何も隠すこともなく生活して来ましたが、大人になるにつれて、若い頃とは明らかに違う体力と、失われていく健康と戦いながら舞台に立たせていただいています。

健常の方でも年を重ねれば、今までできていたことが少しずつできなくなり、衰えを感じるものだと思います。でも、我々心臓病患者にとっては、加齢により多くのリスクを抱え、僕の場合、今の年齢より2倍の年齢の体力だと思ってくださいと、医師から言われました。つまり、76歳の体力だそうです。

僕が生まれた頃は、心臓病で生まれた子の多くは助からず、諦めしかなかったことが、今は心臓病で生まれて来た子の95%が成人になれるそうです。現に僕も、90%助からないと宣告されていたようで、僕の病気で大成功を遂げたのは、中京地区で2例目。成人を迎えれたのは僕だけの、たった1人だと、母親に聞かされて育って来ました。

本当に医療の発達こそが、根治とはならないものの、心臓病で生まれてきた子の希望になって来たのです。

僕はいつ頃から自分の病気と立ち向かおうと思ったのか?
考えたら、歩き始めた4歳の頃だったと思う。「僕も歩けるようになりたい」「幼稚園でみんなと一緒に走りたい」その時すでに、戦おう!と、決心したんだ思います。

現在、先天性心臓病患者が成人となって生存しているのが、全国に50万人もいるそうで、軽く豊田市民の数を越えているのです。
そんな、僕を含む成人となった患者たちが、今後、病気に向かって気を付けることや、やるべきことは?

@本人が不整脈、心不全の予防をすること
A自己管理をすること
B治療方法を選ぶこと
C社会の中で自立すること
「心臓病を持つ子ども自らが、自分の病気を知り、病気と共に生きる覚悟を持って、自らの人生を自分の選択で創ることができること」

そして。

「複雑先天性心疾患患者も、社会参加できることを、社会一般に広く知らせること」

これは僕にできることだと思いました。
日々、舞台で暴れて皆さんに笑いを提供しながら、社会のお役に立ち、病気持ちの僕でも色々できるんだよ♪
というところを、今後はアピールできたらと思います。
だからと言って、同情の眼差しではなく、時に厳しく、社会の厳しさや辛さを、今後も皆さんに教えてもらいたいと思っています。

生きてて良かった!
病気に打ち勝つぞ!
楽しい生き方をするぞ!

そう思える日々にしたいからね♪(*^^*)

長文失礼しました。
読んでいただき、ありがとうございます(^^)/
posted by 笑劇派 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 南平晃良(座長)

笑劇派 出張公演 どこでも たのしい 劇 愛知県 豊田市

DSC_2888.JPG
笑劇派がお送りする劇はリピーター率が非常に高いです。
理由はテーマによって演目を変えることができるからです。
ほとんどの劇団が既存の台本を上演するなか、笑劇派はお客様の求める演目をオリジナル台本にして上演することが可能です。

こんな内容が劇になればいいのに。

おまかせください!
笑劇派がお客様の求める演目を作り上げますきらきら

ご相談はお気軽に
0565(77)5734
nanpei@showgekiha.comまで
posted by 笑劇派 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 美麻あかね